USBメモリーで一番多い故障がUSBコネクタの破損です。

 

USBコネクター部品が取れてしまったり、USBコネクター部品の付け根が折れた状況であれば、95%程度はデータの復旧が出来ます。

 

USBコネクタが取れてしまった

 

このようにポッキリ取れてしまった場合はほとんどのケースでデータ復旧が出来ます。

 

専用基板を使ってデータを救出

 

専用の基板を使用して、データを救出いたします。

 

 

代替のUSBメモリーにデータを移動し、念のためDVD-Rにデータを保存してご返送いたします。

修理の期間は1~2日程度です。

 

USBフラッシュメモリー修理のご依頼はこちら