USBメモリーが折れたりすることは良くありますが、メモリーICの端子が根元からポッキリ折れてしまいました。

 

USBメモリの端子が根元から取れました

USBメモリの端子が根元から取れました

 

誰がどう見ても万事休すとなりますが、根本から折れた6本の端子をなんとか接続しなくてはいけません。

厄介なことに、こういう時に折れるのはたいてい大事な配線部分となります。データが流れない端子はランドがしっかりしていないので、基板側からすんなり外れてしまい、端子折れません。

 

 

 

折れた端子を補修して基板交換

折れた端子を補修して基板交換

 

 

基板も著しく折れてしまっているので、半田修理と言うわけにはいかず、まずは基板を同じものに交換します。

そして、問題の根元から折れた端子をなんとかジャンパー線で付け直しました。

 

 

1か月に2本くらいこの程度の重度物理障害のUSBメモリーがやってきます。

もちろん今回はデータが100%復旧出来ました。

この手の破損はお手の物ですので、まずはご相談ください。