Categotry Archives: USBメモリが折れた

0

USBメモリーが折れ曲がって・・・コントローラーICが浮いています

by

本日の復旧3本目

データ復旧のご依頼で到着したUSBメモリーですが、折れ曲ってしまったというメモリーです。

 

通常折れ曲がってしまったUSBメモリーの場合95%以上復旧が出来ています。

 

まず、ほとんどの場合復旧が可能なのですが、最近多くなってきたのが折れ曲がった時にコントローラーICという部品が壊れてしまう症状です。

 

 

 

 

 

見た感じ、どこも異常が無いように見えますが、実体顕微鏡で確認してみると・・・。

 

 

 

 

 

 

コントローラーICという正方形のIC(Silicon Motion社製 SM3267L)の外周部分にあるランドと呼ばれるはんだ付け部分が基板から浮き上がって回路が断線しています。ざっと見渡して断線個所が10か所以上あり、ICの裏面にも回路があるので、外周部分のはんだ付けだけでは直りません。

 

ところどころはんだが割れてICから外れている部分もあります。

 

 

 

この状況では、データは読めません。

そして、このまま通電してしまうと変なところだけ電圧が供給されてデータが壊れる可能性もあります。

 

 

 

今回のUSBメモリーは、フラッシュメモリーIC(SanDisk社製SDTNRCAMA-008G)という8GBのデータが保存出来る長方形の黒いICが2枚搭載されていて、合計16GBになっています。

このフラッシュメモリーICを見ると破損は無いようです。

 

 

この状況を確認し、まずはお客様に状況を説明し、お見積金額をご連絡します。

17,280円で直る場合は、連絡もせずにいきなり復旧してデータが取り出せれば、完了のご連絡となるわけですが、さすがに重度の障害の場合は、金額によってはお客様ご判断でキャンセルもありますので、着手前にお見積の連絡を致します。

 

 

まだ、電話がつながらないので、作業は一旦中断です。

 

 

恐らくデータは100%復旧できますけど・・・。ご予算もありますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

かなり悲惨に壊れてしまったUSBフラッシュメモリー

by

USBメモリーが折れたりすることは良くありますが、メモリーICの端子が根元からポッキリ折れてしまいました。

 

USBメモリの端子が根元から取れました

USBメモリの端子が根元から取れました

 

誰がどう見ても万事休すとなりますが、根本から折れた6本の端子をなんとか接続しなくてはいけません。

厄介なことに、こういう時に折れるのはたいてい大事な配線部分となります。データが流れない端子はランドがしっかりしていないので、基板側からすんなり外れてしまい、端子折れません。

 

 

 

折れた端子を補修して基板交換

折れた端子を補修して基板交換

 

 

基板も著しく折れてしまっているので、半田修理と言うわけにはいかず、まずは基板を同じものに交換します。

そして、問題の根元から折れた端子をなんとかジャンパー線で付け直しました。

 

 

1か月に2本くらいこの程度の重度物理障害のUSBメモリーがやってきます。

もちろん今回はデータが100%復旧出来ました。

この手の破損はお手の物ですので、まずはご相談ください。

 

 

0

基板が折れたUSBメモリーからのデータ復旧

by

月曜日に、基板がバキッと折れてしまったUSBメモリーからのデータ復旧が2本ありました。

折れたUSBメモリーの修理

 

1本目は、木更津市からのお持込でした。

パッと見た感じでは、メモリーICに破損もないしコントローラーICとメモリーICを正常なドナー基板に移植すれば簡単に直るかな?と思いながら、在庫の基板を確認すると、BUFFALO製で同じものがあります。

OTIというチップメーカーのコントローラーが搭載されているドナー基板です。OTI製品のものは数はそれほど多くはありませんが、運良く同じものがあったので、30分程度でデータ復旧します。とお客様へ伝えてお待ちいただくことにしました。

 

 

まずはお客様のメモリーICだけ取り出して一応PC-3000にてデータの抽出をしておきます。512MBのデータなので、抽出は数分です。

ロシアのサーバーへコントローラーICのソリューションファイルを探しに行きますが、残念!!同じ型番のファイルがありません。近い型番のファイルで試しましたが、PC-3000ではデータの復元が出来ませんでした。

 

 

 

 

くそ~!やっぱり基板交換しか無いか。

ドナー基板へ今外したメモリーICを取り付けます。

 

 

折れた基板からICの取り外し

 

 

しかし、それだけでは正常に認識されませんでした。コントローラーICの型番がほんの少し違っていたためです。型番が1番違えばデータは出ません。

コントローラーICを取り外して、こちらも移植したのですが、基板が折れた衝撃で、なんと! コントローラーICの端子が2本根元から折れています。

通常なら、ここで終わった・・・。となるのでしょうが、そこは意地でハンダ付けを行います。

 

 

ICの端子が折れています

 

 

極細ジャンパー線を顕微鏡を見ながら折れたわずかな金属部分にはんだ付けしました。

 

 

折れた端子を半田修理

 

 

そして、お待たせすること1時間。

ようやくデータを復旧することが出来ました。

 

バンザーイ!!

結構体力を消耗しました。

1時間くらい休憩が必要な感じです。もう1本折れたメモリーが来ていましたがこちらは翌日へ持越し。

 

 

 

そして、火曜日再び折れたUSBメモリーに挑戦です。

 

昨日と同じBUFFALO製だったので、基板はかなり多く在庫しているコントローラーICの型番がSM3257ENというシリーズなのですが、メモリーICが変わっています。

サムソンのメモリーが多いのですが、今回の物は東芝製のメモリーICです。

 

 

SM3257ENは沢山基板在庫があります

 

 

確か、同じのがあったはずだけど・・・。

見つからなかったので、とりあえず近い東芝製のメモリーICを搭載した基板に入れ替えてみます。

しかし、正常に認識されません。

PC-3000でも出ませんでした。今日は、他にSONYのUSBメモリーがPC-3000で無事データ復旧出来たのですが、やっぱりレアな基板だとダメなようです。

 

 

 

さらに、いろいろと基板の在庫をの山を探すと、ありました!同じ基板です。

 

 

 

 

折れた基板を入れ替えてデータ復旧

 

 

 

こちらにお客様のメモリーICを移植したところ、無事データが復旧出来ました。

 

 

いや~、かなり疲れましたが、お客様に喜んでもらえて疲れも吹っ飛びました。

 

 

 

 

0

最新のUSBメモリーのデータ復旧は

by

新しいUSBメモリーは、USB3.0規格の物が多くなってきております。

USB3.0のコネクターは端子の数が多く、丈夫になっているので壊れにくいのですが、ひとたび壊れると重度の障害になることが多いです。

 

 

USB3.0端子

上の写真がUSB3.0規格の端子部分です。9本の端子がはんだ付けされています。

下の写真は、USB2.0規格の端子部分です。4本の端子がはんだ付けされています。

USB2.0端子

 

 

今回修理依頼のあった、USBメモリーは、写真の下にあるUSBコネクタが無くなってしまっているものです。一緒に写っているのは、ドナー用に仕入れたUSBメモリーを開封して分解したところ。

 

USBメモリーRUF3-HPM8G-SV

 

 

データ復旧の依頼があったのは、BUFFALOのRUF3-HPM8G-SVというUSBメモリーです。USB2.0でもUSB3.0でも動作するもので、抜くと自動収納されるオートリターン機構のタイプです。

 

引き抜くときにカチッとバネで収納されるので、キャップも要らずスマートなので、このスタイルのモデルは他社にもあります。同じ自動収納で良く見かけるSONY製の製品でも自動収納タイプはトラブルが多いです。

スライドして収納させるため、コネクタの根本部分の構造を丈夫に出来ないという構造上の欠点があります。そのため、端子が折れてしまったり曲がってしまう故障が多発してしまうのです。私はず~っと前からこの点に気が付いていたのですが、まぁメーカーさんはスタイル重視の観点から、売れる商品を作ることにばかり目が行っているのでしょう。

 

 

さて、今回のUSB2.0よりも丈夫で壊れにくいはずのUSB3.0のコネクタですが、無残にも折れ曲がってしまって取れています。

ただ、折れただけなら端子部分の修理でデータは復旧出来るのですが、今回のUSBメモリーはそうではありません。

端子の抵抗値はほぼ正常なのですが、正常に認識されません。

コントローラーICか、メモリーIC側に障害が発生しているようです。

 

 

弊社に400本ほどあるドナー基板から壊れたものと同じ基板を探したのですが、新しい機種だったので、同じものが無い。

仕方なくPC-3000で解析作業を開始しました。データ領域にあるデータを取り出して保存は出来るのですが、取り出したデータは「1」と「0」の集まりで、いわゆるビットデータなのです。これをエクセルや画像などのファイルに復元しなくてはならないのですが、復元に必要なコントローラーICの詳細なデータ(ソリューションファイルと呼ばれます)がまだ公開されていないのです。

USB3.0用のコントローラーICはまだ出来たばかりの物が多く、解析が難しい状況です。

 

 

やはり、こういう時は基板交換に限ります。

 

お客様に事情を説明し、同じUSBメモリーを他に所有していないか確認をお願いしたところ、持っていないけれども型番がわかるということで昨日ご連絡いただきました。

早速ドナー部品を2店舗から仕入れました。同じ型番でも基板のICが違う事が多いからです。そして、翌日にはドナー部品が届いたので、早速基板の入れ替え作業を行いました。

お客様のメモリーICを仕入れたドナー基板にはんだ付けして、パソコンに接続すると、無事に認識して、データを読み出すことが出来ました。

 

 

 

いや~良かった良かった。データが出るとホッとします。

大事なCADデータだったようですが、無事すべてのデータが復旧出来ました。

 

 

 

 

0

SONY USM8GLX USBメモリーポケットビット8GBデータ復旧

by

SONYフラッシュメモリの破損修理

 

「パソコンに挿していたUSBメモリを曲げてしまい、認識されなくなりました。」という状況です。

 

昨日、見積フォームから連絡があり、今朝ヤマト便にて到着です。見積フォームでは、ご返送先と連絡先のご連絡をお願いしております。

 

SONYUSBメモリ8GBデータ復旧

SONYUSBメモリ8GBデータ復旧

 

SONYのUSBメモリーは、ノック式ですので分解が難しそうですが、少しひねりながら力を入れて引っ張ると簡単に分解することが出来ます。

外見上はそれほど破損しているようには見えないのですが、分解してみると、USB端子が2箇所破損していました。

 

SONYUSBメモリ8GBデータ復旧

SONYUSBメモリ8GBデータ復旧

 

グランド側端子は端子の半田が外れただけですが、+DATA端子は基板にあるランドと呼ばれる銅板の回路部分が剥がれてしまっています。

 

+DATAランドパターン剥離

+DATAランドパターン剥離

 

SONYのUSBメモリは、ランド部分が簡単にはがれない様に比較的大きなランドパターンを採用しているのですが、それでも強い衝撃があると剥がれてしまいます。

 

 

今回の基板では、回路の配線が裏面側へ行っているので、基板裏面側から専用の治具を使って信号線を配線して、メモリへアクセスしてデータを取り出しました。

 

SONYのUSBメモリデータ復旧

SONYのUSBメモリデータ復旧

 

8GBのメモリーに、2GB程度のデータがあり、無事すべてのデータを取り出すことが出来ました。

新しいUSBメモリーへデータを移動し、念のためDVD-Rにも保存してのご返却です。

 

回路の修復程度で直れば、当日中のご返送が可能です。今回は、到着日に作業して翌日午前中着指定のヤマト便でのご返却となりました。

 

物理障害データ復旧USBメモリー

物理障害データ復旧USBメモリー

 

 

今年に入って300本以上のUSBメモリーデータ復旧修理を行いました。USBメモリーは、複数のメモリーICが搭載されてRAID構成で動作していたり、コントローラーICやメモリーICの種類も多く、データの復旧は難易度が高いのですが、弊社では専用の解析装置も導入し、データの復旧作業を行っております。

データの保全には細心の注意を払っており、担当1名のみで作業しております。外注は一切ありません。

 

業界一の低価格とスピード、一流の技術で皆様に喜んでいただけるよう努力しております。

 

<お見積はこちら>→無料見積フォーム

 

0

LexarUSBメモリー4GBが折れて認識されない

by

Lexar4GBメモリ

Lexar4GBメモリ

LexarUSBメモリーの4GBを折り曲げてしまい認識されなくなった。

 

 

 

 

折り曲げた場合の修理はほとんどのケースでデータが出せるので安心して作業に取り掛かる。

しかし、USB端子には全く破損が無く、どうやらコントローラーICの不良のよう。

 

テスターで確認すると、USB端子のVCCがどこかで断線している。ヒューズは色が変わっていないので、切れてないだろうなぁと思いながら念のためチェックするが異常なし。

 

 

 

顕微鏡の倍率を最大にして、確認すると、コントローラーICの片側が全てはんだ割れとなっている。

 

コントローラーICの半田割れ

コントローラーICの半田割れ

 

 

 

この部分の半田をリフローして、よし直っただろう?と抵抗値確認するが、変化なし。念のためパソコンに接続しても認識されない。

 

リフロー済み

リフロー済み

 

 

どうやら、この構造の基板は、コントローラーチップの部分に力が加わると破損を起こしやすい基板のようです。前日のWiiのUSBメモリーも同じ基板で同じ壊れ方だったから。

 

 

コントローラーIC破損

コントローラーIC破損

 

今回はドナーの基板が無いので、PC-3000Flash SSD Editionにて、解析作業を行います。

4GBのデータなので読み出しはスムーズに完了し、解析作業に入ります。

1時間ほどで、無事データが復元されました。

お客様に経過をご説明し、了解をいただいたので無事ご返送となりました。

 

今回はお預かりが夕方だったので、翌日のご返却となりました。基本的に大容量の解析作業以外は当日中にご返送しております。

 

 

修理お問い合わせはこちらから
無料見積フォーム

 

 

 

0

Lexar USBメモリー挿す部分が曲がって認識しない

by

「パソコンに挿して、作業をしていたら、誤ってUSBメモリにぶつかってしまい、挿す部分が曲がってしまいました。しばらくは、何事もなく動作していましたが、その後、ランプが点灯しなくなり、パソコンも認識しなくなりました。」

 

という症状で、データ復旧の修理です。

Lexar USBメモリーが曲がった

Lexar USBメモリーが曲がった

 

結構曲がってしまっています。

かなり致命的な破損だと思われますが、曲がったUSBメモリーは復旧率が高いです。9割以上復旧可能です。

 

 

 

まずは、分解して基板を確認します。

Lexar USBメモリーの分解

Lexar USBメモリーの分解

 

USB端子部分には断線や剥離の破損がありませんでした。

裏面のコントローラー側の回路が何やら、違和感があります。

 

実体顕微鏡で確認すると、端子が浮き上がっています。

コントローラーIC端子の剥離

コントローラーIC端子の剥離

コントローラーIC端子の剥離

コントローラーIC端子の剥離

 

片側12本の端子(上の写真では右側端子)が全て半田が外れて端子が浮いています。

顕微鏡を覗き込みながらのはんだ付け作業で、これらの端子をすべて半田修理で付け直しました。

コントローラーICの半田修理

コントローラーICの半田修理

コントローラーICの半田修理

コントローラーICの半田修理

 

半田付けで直る修理の場合は、データは100%復旧できます。わくわくしながら、データ復旧用のパソコンに接続すると、ランプが点滅して、メモリーの中が表示されました。

新しいUSBメモリーにデータを全て移動します。

USBメモリーが正常に認識され、データを新USBメモリーに移動

USBメモリーが正常に認識され、データを新USBメモリーに移動

 

 

 

念のため、DVD-Rにもデータを保存して、コンビニ払いのお支払用紙と共にヤマト宅急便でご返送となります。

データ復旧完了、ヤマト便で返送

データ復旧完了、ヤマト便で返送

 

半田修理で直る場合は、基本的には即日修理完了しております。

ソフトでデータを解析しなければ成らないケースなどでは、2~3日お時間がかかる場合があります。また、PC-3000でメモリーICチップから直接データを取り出して、解析、復旧作業の場合は2~7日程度かかります。

 

修理のご依頼は、無料見積もりフォームまたは、直接お電話 050-1205-3827 0476-93-6244 (担当金子)にてお願い致します。

 

 

お見積はこちら
無料見積フォーム

 

 

 

 

0

USBメモリーの基板がバキッと折れた

by

USBメモリーの基板が折れてしまったという修理の依頼がありました。

BUFFALOの16GBのUSBメモリーです。

 

 

折れたUSBメモリー

折れたUSBメモリー

折れたUSBメモリー

折れたUSBメモリー

 

定形外郵便で到着し、すぐにメモリーを確認すると、見事に基板が割れています。

コントローラーICの部分が割れており、お客様にてコントローラーICは紛失したようです。

このメモリーICは、TLGA-52とかLGA-52という規格のメモリーICで、ICの端子が周囲についていないタイプです。

 

 

 

LGA-52パッケージIC

LGA-52パッケージIC

 

 

450度で30秒ほど熱して取り外します。

今回は基板の両面にメモリーICが合計2枚装着されているので、慎重に2枚のメモリーICを取り外しました。

 

 

まずは、PC-3000にてデータ解析を行いますが、コントローラーICとの兼ね合いなのか、うまくデータが復旧出来ません。

 

 

こうなると、私の手でデータを救出するしか無いわけで・・・。

 

 

まずは同じ基盤を探します。

在庫の基板を探すと、ありました!

こちらは、8GBのメモリーで、ICが1枚しか搭載されていませんが、ジャンパーとなっている抵抗を付け替えることにより、16GBのメモリー用の基板に早変わりです。

 

 

ドナー用USBメモリー

ドナー用USBメモリー

 

交換用基板が用意出来たので、後はメモリーICの貼り換えです。

 

 

ICをはんだ付けする前に、まずはメモリー側のはんだをすべて除去して、アルコールで油分をふき取ります。

基板側に半田メッキを施します。多すぎても少なすぎてもダメなのですが、これは経験です。

 

 

450度の熱風で30秒でしっかりとICがはんだ付けできました。

これを2回繰り返して両面のICを貼り付けます。

 

 

データが読めました

データが読めました

 

 

データ復旧用のPCに、メモリーICを貼り換えたUSBメモリーを接続すると、LEDランプが赤く点滅し、データを読み出すことが出来ました。

今回は10GBのデータがありました。破損は無いようです。

 

 

お客様に電話して、状況とお見積りをご連絡して、ご了承いただいてからのご返送となります。

 

 

 

 

0

USBメモリーの基板が折れた

by

USBメモリーの基板がコネクタ部分近くで折れた。

 

基板が折れたUSBメモリー

基板が折れたUSBメモリー

 

0.7mm厚の基板が無残に折れて断線しています。

 

折れた部分の拡大

折れた部分の拡大

 

多層基板のため、表から見える断線だけではなく、内部の回路にも断線が複数あります。

 

基板破損による断線の場合は、メモリーICには不具合がありませんので、データは100%取り出し可能です。

 

回路を丁寧に修復して、1時間ほどでデータ100%復旧できました。

 

 

北海道のお客様から、速達で到着したUSBメモリーでした。到着したその日のうちに修理完了です。このような破損修理の場合は、当日中に修理完了しています。

 

データは11GBほどでしたので、代替のUSBメモリーにデータを移動して、ご返却となりました。

 

折り曲げて破損したUSBメモリーのデータ復旧代金は 14,700円~16,800円 となります。

 

基板が折れたUSBメモリーの修理

基板が折れたUSBメモリーの修理

 

 

 

最近の実績では、修理でお預かりするUSBメモリーの65%が16,800円以下でデータ復旧完了しております。

 

 

USBメモリーの修理ご依頼はこちら

 

 

 

 

0

imation 折れたUSBメモリーからデータ復旧

by

Imation USBメモリーですが、折れてUSBコネクターが取れてしまっています。

 

今日のお昼過ぎに速達で広島県から届きました。

 

Imation 折れたUSBメモリー

Imation 折れたUSBメモリー

 

 

到着してすぐに基板を確認しますが、基板上のプリントパターン回路の断線があり、極細ジャンパーにて何とか補修修理。

パソコンに接続するが、認識されない。ランプも何も点灯しない。

テスターで回路の抵抗値を計測するとヒューズが切れている。

 

 

ヒューズを交換して、再度テスターで計測するとどうも抵抗値が低すぎる。

同じImationの同じコントローラの基板があったので、比較すると明らかに違いがある。

USBメモリーのコントローラICの内部でショートがありました。

 

 

そうなると、メモリーICを取り外してデータを復旧するようになります。

現在、メモリーICから直接データを抽出する装置は弊社に無く、USBメモリーの同一基板を用意してメモリーを乗せ換える手法によるデータ復旧を行っております。

 

 

USBメモリーチップ移植作業

USBメモリーチップ移植作業

 

同一のUSBメモリー基板を用意して、メモリーチップを取り外します。

 

USBメモリーからメモリーチップの取り外し

USBメモリーからメモリーチップの取り外し

 

 

 

外したメモリーICを正常な基板にハンダ付けします。

 

 

メモリーチップのハンダ付け

メモリーチップのハンダ付け

 

このメモリーICは、TSOP-48というもので、端子が48本あります。ハンダ付けは細かい作業ですが、毎日数回作業していますので、もう慣れたものです。

 

USBメモリーが認識してデータ救出成功

USBメモリーが認識してデータ救出成功

 

今回のメモリーは無事データが復旧できました。

 

 

毎回必ず同じ基板があるわけでも無く、同じUSBメモリーを海外から調達したり、お客様から送付していただいたりと修理用パーツの入手に苦労しています。

 

 

今週とうとう、USBフラッシュメモリーの高度解析復旧装置を発注しました。1週間ほどで導入の予定です。これで、今までメモリーICの深刻な物理損傷や、論理構造の損傷などでデータが出せなかったものが出せるようになり、データ復旧率がさらに向上します。

 

ご期待ください。

 

1 2