Categotry Archives: コントローラIC障害

0

USBメモリーが折れ曲がって・・・コントローラーICが浮いています

by

本日の復旧3本目

データ復旧のご依頼で到着したUSBメモリーですが、折れ曲ってしまったというメモリーです。

 

通常折れ曲がってしまったUSBメモリーの場合95%以上復旧が出来ています。

 

まず、ほとんどの場合復旧が可能なのですが、最近多くなってきたのが折れ曲がった時にコントローラーICという部品が壊れてしまう症状です。

 

 

 

 

 

見た感じ、どこも異常が無いように見えますが、実体顕微鏡で確認してみると・・・。

 

 

 

 

 

 

コントローラーICという正方形のIC(Silicon Motion社製 SM3267L)の外周部分にあるランドと呼ばれるはんだ付け部分が基板から浮き上がって回路が断線しています。ざっと見渡して断線個所が10か所以上あり、ICの裏面にも回路があるので、外周部分のはんだ付けだけでは直りません。

 

ところどころはんだが割れてICから外れている部分もあります。

 

 

 

この状況では、データは読めません。

そして、このまま通電してしまうと変なところだけ電圧が供給されてデータが壊れる可能性もあります。

 

 

 

今回のUSBメモリーは、フラッシュメモリーIC(SanDisk社製SDTNRCAMA-008G)という8GBのデータが保存出来る長方形の黒いICが2枚搭載されていて、合計16GBになっています。

このフラッシュメモリーICを見ると破損は無いようです。

 

 

この状況を確認し、まずはお客様に状況を説明し、お見積金額をご連絡します。

17,280円で直る場合は、連絡もせずにいきなり復旧してデータが取り出せれば、完了のご連絡となるわけですが、さすがに重度の障害の場合は、金額によってはお客様ご判断でキャンセルもありますので、着手前にお見積の連絡を致します。

 

 

まだ、電話がつながらないので、作業は一旦中断です。

 

 

恐らくデータは100%復旧できますけど・・・。ご予算もありますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

最新のUSBメモリーのデータ復旧は

by

新しいUSBメモリーは、USB3.0規格の物が多くなってきております。

USB3.0のコネクターは端子の数が多く、丈夫になっているので壊れにくいのですが、ひとたび壊れると重度の障害になることが多いです。

 

 

USB3.0端子

上の写真がUSB3.0規格の端子部分です。9本の端子がはんだ付けされています。

下の写真は、USB2.0規格の端子部分です。4本の端子がはんだ付けされています。

USB2.0端子

 

 

今回修理依頼のあった、USBメモリーは、写真の下にあるUSBコネクタが無くなってしまっているものです。一緒に写っているのは、ドナー用に仕入れたUSBメモリーを開封して分解したところ。

 

USBメモリーRUF3-HPM8G-SV

 

 

データ復旧の依頼があったのは、BUFFALOのRUF3-HPM8G-SVというUSBメモリーです。USB2.0でもUSB3.0でも動作するもので、抜くと自動収納されるオートリターン機構のタイプです。

 

引き抜くときにカチッとバネで収納されるので、キャップも要らずスマートなので、このスタイルのモデルは他社にもあります。同じ自動収納で良く見かけるSONY製の製品でも自動収納タイプはトラブルが多いです。

スライドして収納させるため、コネクタの根本部分の構造を丈夫に出来ないという構造上の欠点があります。そのため、端子が折れてしまったり曲がってしまう故障が多発してしまうのです。私はず~っと前からこの点に気が付いていたのですが、まぁメーカーさんはスタイル重視の観点から、売れる商品を作ることにばかり目が行っているのでしょう。

 

 

さて、今回のUSB2.0よりも丈夫で壊れにくいはずのUSB3.0のコネクタですが、無残にも折れ曲がってしまって取れています。

ただ、折れただけなら端子部分の修理でデータは復旧出来るのですが、今回のUSBメモリーはそうではありません。

端子の抵抗値はほぼ正常なのですが、正常に認識されません。

コントローラーICか、メモリーIC側に障害が発生しているようです。

 

 

弊社に400本ほどあるドナー基板から壊れたものと同じ基板を探したのですが、新しい機種だったので、同じものが無い。

仕方なくPC-3000で解析作業を開始しました。データ領域にあるデータを取り出して保存は出来るのですが、取り出したデータは「1」と「0」の集まりで、いわゆるビットデータなのです。これをエクセルや画像などのファイルに復元しなくてはならないのですが、復元に必要なコントローラーICの詳細なデータ(ソリューションファイルと呼ばれます)がまだ公開されていないのです。

USB3.0用のコントローラーICはまだ出来たばかりの物が多く、解析が難しい状況です。

 

 

やはり、こういう時は基板交換に限ります。

 

お客様に事情を説明し、同じUSBメモリーを他に所有していないか確認をお願いしたところ、持っていないけれども型番がわかるということで昨日ご連絡いただきました。

早速ドナー部品を2店舗から仕入れました。同じ型番でも基板のICが違う事が多いからです。そして、翌日にはドナー部品が届いたので、早速基板の入れ替え作業を行いました。

お客様のメモリーICを仕入れたドナー基板にはんだ付けして、パソコンに接続すると、無事に認識して、データを読み出すことが出来ました。

 

 

 

いや~良かった良かった。データが出るとホッとします。

大事なCADデータだったようですが、無事すべてのデータが復旧出来ました。

 

 

 

 

0

LexarUSBメモリー4GBが折れて認識されない

by

Lexar4GBメモリ

Lexar4GBメモリ

LexarUSBメモリーの4GBを折り曲げてしまい認識されなくなった。

 

 

 

 

折り曲げた場合の修理はほとんどのケースでデータが出せるので安心して作業に取り掛かる。

しかし、USB端子には全く破損が無く、どうやらコントローラーICの不良のよう。

 

テスターで確認すると、USB端子のVCCがどこかで断線している。ヒューズは色が変わっていないので、切れてないだろうなぁと思いながら念のためチェックするが異常なし。

 

 

 

顕微鏡の倍率を最大にして、確認すると、コントローラーICの片側が全てはんだ割れとなっている。

 

コントローラーICの半田割れ

コントローラーICの半田割れ

 

 

 

この部分の半田をリフローして、よし直っただろう?と抵抗値確認するが、変化なし。念のためパソコンに接続しても認識されない。

 

リフロー済み

リフロー済み

 

 

どうやら、この構造の基板は、コントローラーチップの部分に力が加わると破損を起こしやすい基板のようです。前日のWiiのUSBメモリーも同じ基板で同じ壊れ方だったから。

 

 

コントローラーIC破損

コントローラーIC破損

 

今回はドナーの基板が無いので、PC-3000Flash SSD Editionにて、解析作業を行います。

4GBのデータなので読み出しはスムーズに完了し、解析作業に入ります。

1時間ほどで、無事データが復元されました。

お客様に経過をご説明し、了解をいただいたので無事ご返送となりました。

 

今回はお預かりが夕方だったので、翌日のご返却となりました。基本的に大容量の解析作業以外は当日中にご返送しております。

 

 

修理お問い合わせはこちらから
無料見積フォーム

 

 

 

0

USBメモリー重度物理障害データ復旧

by

TranscendのUSBメモリーですが、データが読めないということで修理のご依頼です。

 

LEDランプが点灯するが、フォルダを開こうとするとフリーズする

LEDランプが点灯するが、フォルダを開こうとするとフリーズする

 

まずは、顕微鏡で回路を確認しますが、ハンダ不良やチップの損傷は見られません。

続いてテスターで不良箇所を探しますが、異常が無い状況です。

パソコンに接続して、認識するのか確認してみると・・・

 

デバイスドライバソフトウェアをインストールしています

デバイスドライバソフトウェアをインストールしています

 

デバイスを認識していますが、上記の画像の状況ですと、コントローラICまでしか認識されていない様子です。

Gドライブとしてマウントされましたが、開こうとするとエクスプローラーがフリーズします。

 

トランセンドのUSBメモリー

トランセンドのUSBメモリー

 

コントローラーのICは、海外製のUSBメモリーに比較的多く採用されている、ALCOR MICRO社製のAU6982チップが搭載されています。

 

フラッシュメモリーにはSAMSUNGチップを使用

フラッシュメモリーにはSAMSUNGチップを使用

 

今回のUSBメモリーには、フラッシュメモリーICが1枚搭載されていて、SAMSUNG社製K9G8G08U0Mチップが搭載されていました。

 

フラッシュメモリーチップを取り外しにかかります

フラッシュメモリーチップを取り外しにかかります

 

メモリーチップの取り外し作業に取り掛かります。まずは、端子を傷めないようにあらかじめハンダめっきをしておきます。

 

フラッシュメモリー専用半田ごてにてICを取り外し

フラッシュメモリー専用半田ごてにてICを取り外し

 

350度に熱したフラッシュメモリー専用の半田ごてでICを取り外します。温める時間はだいたい10秒程度。フラッシュメモリーICは、500度の熱に耐えられる設計ですので、多少の熱では壊れません。

取り外した後は、ICの端子に付いている半田を綺麗に除去して、さらに端子を磨いて接触不良にならないようにクリーニングをしておきます。

 

PC-3000高度解析装置にて、解析作業開始

PC-3000高度解析装置にて、解析作業開始

 

データリカバリーツールPC-3000高度解析装置に装着し、専用の高度解析ソフトを起動させます。

メモリーICの個数、コントローラーICの型番を入力して、解析作業の開始です。

メモリーチップのチップID、データ領域をパソコンに読み込みます。

最初は、チップIDの読み取りが出来なかったのですが、タイミングやクロックを調整してIDの読み取りに成功です。

続いて、データ領域をパソコンに読み出します。

少々時間がかかりましたが、全てのデータが読み出せました。

 

しかし、問題はここからです。

コントローラICの情報を基に、読み出したデータを通常のファイル形式に復元しなくてはいけません。

データを読み込んだだけでは、単なる文字列としてしか見られないのです。

 

データが出せることを確認し、お客様へご連絡

データが出せることを確認し、お客様へご連絡

 

しばしの解析作業を終えて、データが復元されました。

今回は、ハンダ修理では直らなかったため、お見積金額が変わります。すぐさま、お客様へお見積とデータの復元の可能性についてご連絡です。

解析作業の際にエラーが記録されなかったので、データに関しては破損が無いようです。

 

お客様から、修理続行のご了解をいただいたので、データを全て復元し、代替のUSBメモリーへ移動してご返却です。

お客様のデータにはアクセスしたくないのですが、念のためにワードのファイルを1個だけ開けるか確認いたしました。

 

代金のお支払いは、コンビニ払いの払い込み票を同封致しますので、データが問題ないことをご確認いただいてからのお支払となります。

 

弊社のUSBメモリーデータ復旧では、ほとんどのケースがハンダ修理で16,800円以下となっておりますが、USBメモリーに曲がりや折れの不良が無いケースで50本に2~3本の割合で重度物理障害があり、PC-3000高度解析装置の出番になっています。

 

 

 

0

imation 折れたUSBメモリーからデータ復旧

by

Imation USBメモリーですが、折れてUSBコネクターが取れてしまっています。

 

今日のお昼過ぎに速達で広島県から届きました。

 

Imation 折れたUSBメモリー

Imation 折れたUSBメモリー

 

 

到着してすぐに基板を確認しますが、基板上のプリントパターン回路の断線があり、極細ジャンパーにて何とか補修修理。

パソコンに接続するが、認識されない。ランプも何も点灯しない。

テスターで回路の抵抗値を計測するとヒューズが切れている。

 

 

ヒューズを交換して、再度テスターで計測するとどうも抵抗値が低すぎる。

同じImationの同じコントローラの基板があったので、比較すると明らかに違いがある。

USBメモリーのコントローラICの内部でショートがありました。

 

 

そうなると、メモリーICを取り外してデータを復旧するようになります。

現在、メモリーICから直接データを抽出する装置は弊社に無く、USBメモリーの同一基板を用意してメモリーを乗せ換える手法によるデータ復旧を行っております。

 

 

USBメモリーチップ移植作業

USBメモリーチップ移植作業

 

同一のUSBメモリー基板を用意して、メモリーチップを取り外します。

 

USBメモリーからメモリーチップの取り外し

USBメモリーからメモリーチップの取り外し

 

 

 

外したメモリーICを正常な基板にハンダ付けします。

 

 

メモリーチップのハンダ付け

メモリーチップのハンダ付け

 

このメモリーICは、TSOP-48というもので、端子が48本あります。ハンダ付けは細かい作業ですが、毎日数回作業していますので、もう慣れたものです。

 

USBメモリーが認識してデータ救出成功

USBメモリーが認識してデータ救出成功

 

今回のメモリーは無事データが復旧できました。

 

 

毎回必ず同じ基板があるわけでも無く、同じUSBメモリーを海外から調達したり、お客様から送付していただいたりと修理用パーツの入手に苦労しています。

 

 

今週とうとう、USBフラッシュメモリーの高度解析復旧装置を発注しました。1週間ほどで導入の予定です。これで、今までメモリーICの深刻な物理損傷や、論理構造の損傷などでデータが出せなかったものが出せるようになり、データ復旧率がさらに向上します。

 

ご期待ください。

 

0

パソコンに認識されない

by

USBフラッシュメモリーをパソコンに接続しても認識されないケースでは、回路パターンの断線やハンダ割れ、コントローラIC不良などが考えられます。

 

 

折れて認識されない

 

 

コネクタが折れ曲がっているケースでは、基板の回路パターンの断線、ハンダ割れを修復してデータを救出します。

 

 

USB名称コントローラICとメモリーIC

 

USBフラッシュメモリーを分解すると、小さな基板にコントローラICと呼ばれる7mm四方のIC部品と、フラッシュメモリーICと呼ばれる18mm×12mmのIC部品があります。

そのほか、チップヒューズ、チップ抵抗、チップコンデンサ、水晶発振子(無いものもある)などがあります。

 

回路パターンは細い銅線がプリントされています

 

不良USBフラッシュメモリーでは、チップ部品が割れていたり、焦げている場合があります。

また、回路パターンが断線していることも多いです。

実体顕微鏡とテスターを使用して、破損箇所を探して修理します。

 

 

実体顕微鏡

 

顕微鏡で確認しながら、テスターを使って不良箇所を特定します。

 

半田ごて

 

不良箇所がわかったら、壊れてしまった部品を交換します。

左から、チップコンデンサを取り外す半田ごて、フラッシュメモリーを取り外す半田ごて、細かい作業用の半田ごて

 

 

フラッシュメモリー取り外し

 

 

基板の不良の場合には、フラッシュメモリーICを取り外し、正常な基板に移植してデータを救出しています。

コントローラICは数多くの種類があります。同一型番のICが無ければ修理は出来ません。

弊社では30種類以上のチップを用意しております。

 

 

0

「ディスクの挿入」メッセージが出る

by

ディスクの挿入

リムーバブルディスク(E:)にディスクを挿入してください。

 

ディスクの挿入メッセージ

 

 

このメッセージが表示される場合は、コントローラICとメモリーICの通信が正常に行われていない場合に起こる症状です。

 

 

USB名称コントローラICとメモリーIC

 

 

同じUSBフラッシュメモリー基板を用意して、メモリーICを正常な基板にハンダ付けを行ってデータを救出いたします。

 

 

フラッシュメモリー

 

 

メモリーICに不良がある場合は、データの取り出しは出来ません。

メモリーIC不良時の復旧率は50%程度です。USB端子の折れ曲がりの場合は90%以上復旧可能です。

 

 

0

「場所が利用できません」のメッセージ

by

場所が利用できません

E:¥にアクセスできません。

ファンクションが間違っています。

 

場所が利用できません

 

このメッセージが表示される場合は、メモリーICの不良と思われます。

 

 

USB名称コントローラICとメモリーIC

 

ファンクションが間違っていると表示されるケースでは、メモリーICのファイルのデータが正常に読み出せない状況にあります。

半田不良や回路の不良、コントローラIC不良の場合であればデータの復旧が可能ですが、このようなケースでは、メモリーICの不良の可能性が高く、データの復旧率は50%以下となってしまいます。