Categotry Archives: USBデータ復旧の方法

0

USBメモリーが折れ曲がって、端子のパターンが剥離

by

USBフラッシュメモリーの端子が折れ曲がって、端子のパターンがはく離しているということで、修理のご依頼です。

 

レターパックで到着

 

昨日問い合わせフォームからお問い合わせいただき、本日ヤマト便で到着しました。

 

USBメモリーのコネクタ部分が折れて外れてしまい、ご自身で端子をハンダ修理してみたものの、パソコンに認識されないようです。

 

USBメモリー

 

端子の結線状況をテスターで確認すると、+DATAの回路が断線しているのが解りました。

 

回路の結線状況を確認

 

 

顕微鏡を見ながら、基板上の細かい回路パターンをハンダ修理します。

回路パターンとは、基板の上に印刷された銅の配線です。0.2ミリほどの細い配線がごちゃごちゃと張り巡らされています。

 

 

私が学生の頃(30年前)は、秋葉原で基板を購入するとエポキシ樹脂の基板に銅板が貼り付けてあり、そこに油性マジックで回路を書いて、塩化第二鉄水溶液でエッチングと呼ばれる作業を行い、不要な銅板を溶かしてプリント基板を作成したものです。あまり細かい回路を作ってしまうと、上手くエッチングできずに苦労したのを覚えています。あの頃と違いとにかく細かい回路で、顕微鏡を使っての修理となります。

 

ユニバーサル基板を利用するようになってからは、自分でエッチングすることはほとんどなくなりました。我が家の中2の長男はブレッドボードで試作して、ユニバーサル基板でいろいろと作っているようです。赤色LEDと青色LEDを使って水草の成長促進用ライトなるものを作ったりしています。

 

 

 

ハンダ修理が完了して、データ読み取りのためのお手製治具に接続して回路の結線状況を確認します。

 

 

基板を修復し、治具に配線

 

 

5V-VCC、-DATA、+DATA、GND共に正常に抵抗値が出るようになりました。

 

パソコンに接続すると認識されるようになり、内部のデータは全て取り出すことが出来ました。

 

 

 

 

0

USBメモリーを挿したままPCごと机の上から床に落とした

by

うっかり、PCごと机の上からカーペットの床へ落としてしまったというUSBフラッシュメモリーのデータ復旧修理の依頼がありました。

昨日、山梨県から修理依頼のお電話があり、今日の午前中には速達で到着しました。

 

折れたUSBメモリ

 

USBコネクタはしっかり付いていますが、かなり折れ曲がったようです。

USB端子の抵抗値を計測すると内部で断線しているようです。

分解して内部を確認します。

 

ケースを開けると基板が割れています

 

基板を確認すると、チップ部品やコントローラIC、フラッシュメモリーICには破損がなさそうです。USB端子の半田もしっかりついています。

しかし、テスターで回路を確認すると、USBのGND端子とVCC-5V端子の両方とも断線しています。

基板の回路パターンが割れて断線している不具合のようです。

 

顕微鏡で見たところ いくつかのプリントパターンに亀裂が

 

今回のUSBメモリーは、GREEN HOUSE製のGH-UFD2GRです。通常、USBフラッシュメモリーの基板の厚みは0.9~1.0mm程度あるのですが、この機種は0.6mmと少々薄いようです。コネクタが破損する前に基板側が折れて断線してしまったようです。

基板を実体顕微鏡で確認すると、基板がバキッと折れてヒビが入っている断線部分がみつかりました。

 

亀裂部分を修復します

 

断線している部分を修復しているところです。

 

修理ジグに接続

 

断線を修復して、お手製の修理ジグを使ってテスターで抵抗値を確認し、回路に異常が無いことを確認できました。

 

データは出せました

 

パソコンに接続してデータを読み出します。

新しいUSBメモリーにデータを全て移動して、無事に修理は完了できました。

 

 

 

 

0

パソコンに認識されない

by

USBフラッシュメモリーをパソコンに接続しても認識されないケースでは、回路パターンの断線やハンダ割れ、コントローラIC不良などが考えられます。

 

 

折れて認識されない

 

 

コネクタが折れ曲がっているケースでは、基板の回路パターンの断線、ハンダ割れを修復してデータを救出します。

 

 

USB名称コントローラICとメモリーIC

 

USBフラッシュメモリーを分解すると、小さな基板にコントローラICと呼ばれる7mm四方のIC部品と、フラッシュメモリーICと呼ばれる18mm×12mmのIC部品があります。

そのほか、チップヒューズ、チップ抵抗、チップコンデンサ、水晶発振子(無いものもある)などがあります。

 

回路パターンは細い銅線がプリントされています

 

不良USBフラッシュメモリーでは、チップ部品が割れていたり、焦げている場合があります。

また、回路パターンが断線していることも多いです。

実体顕微鏡とテスターを使用して、破損箇所を探して修理します。

 

 

実体顕微鏡

 

顕微鏡で確認しながら、テスターを使って不良箇所を特定します。

 

半田ごて

 

不良箇所がわかったら、壊れてしまった部品を交換します。

左から、チップコンデンサを取り外す半田ごて、フラッシュメモリーを取り外す半田ごて、細かい作業用の半田ごて

 

 

フラッシュメモリー取り外し

 

 

基板の不良の場合には、フラッシュメモリーICを取り外し、正常な基板に移植してデータを救出しています。

コントローラICは数多くの種類があります。同一型番のICが無ければ修理は出来ません。

弊社では30種類以上のチップを用意しております。

 

 

0

「ディスクの挿入」メッセージが出る

by

ディスクの挿入

リムーバブルディスク(E:)にディスクを挿入してください。

 

ディスクの挿入メッセージ

 

 

このメッセージが表示される場合は、コントローラICとメモリーICの通信が正常に行われていない場合に起こる症状です。

 

 

USB名称コントローラICとメモリーIC

 

 

同じUSBフラッシュメモリー基板を用意して、メモリーICを正常な基板にハンダ付けを行ってデータを救出いたします。

 

 

フラッシュメモリー

 

 

メモリーICに不良がある場合は、データの取り出しは出来ません。

メモリーIC不良時の復旧率は50%程度です。USB端子の折れ曲がりの場合は90%以上復旧可能です。

 

 

0

「場所が利用できません」のメッセージ

by

場所が利用できません

E:¥にアクセスできません。

ファンクションが間違っています。

 

場所が利用できません

 

このメッセージが表示される場合は、メモリーICの不良と思われます。

 

 

USB名称コントローラICとメモリーIC

 

ファンクションが間違っていると表示されるケースでは、メモリーICのファイルのデータが正常に読み出せない状況にあります。

半田不良や回路の不良、コントローラIC不良の場合であればデータの復旧が可能ですが、このようなケースでは、メモリーICの不良の可能性が高く、データの復旧率は50%以下となってしまいます。

 

 

0

USBメモリが折れ曲がった場合

by

USBメモリーにぶつかったりして、折れ曲がってしまった場合の修理事例です。

USBメモリーが折れ曲がって認識されないケースでは、100%近くデータの取り出しが出来ますのでご安心ください。

接触不良のまま、パソコンに接続するとデータ破損の恐れがあります。

 

USBメモリーが折れ曲がった

 

折れ曲がった場合は、まずはそのままの状態でパソコンに接続してデータが読み出せるか確認してください。

曲がってしまった部分を戻そうとして元に戻すと大抵の場合ハンダが取れてしまったり、基板が損傷して、パソコンに認識されなくなってしまいます。

 

断線した回路パターンを修復

 

断線してしまった回路パターンを0.3mmの極細ジャンパー線のハンダ付けで回路修復し、データを救出いたします。

 

 

回路パターンは細い銅線がプリントされています

 

回路パターンとは、0.2mmほどの印刷された銅板で、基板の両面とさらに基板の間に地層のように張り巡らされている回路です。

折れ曲がった衝撃で断線してしまうことも多いのですが、テスターと実体顕微鏡を使って極細ジャンパー線をハンダ付けして修復作業を行います。

 

 

チップコンデンサなどが割れてしまっているケースもあります。チップ部品の在庫は多数そろえており、チップコンデンサや水晶発振子の不良の場合は部品交換でデータを救出します。

 

チップコンデンサ、水晶発振子の不良のケースでは、USBメモリーのLEDランプが全く点灯せず、パソコンにも全く認識されません。

 

 

 

0

USBのコネクタが取れてしまった場合

by

USBメモリーで一番多い故障がUSBコネクタの破損です。

 

USBコネクター部品が取れてしまったり、USBコネクター部品の付け根が折れた状況であれば、95%程度はデータの復旧が出来ます。

 

USBコネクタが取れてしまった

 

このようにポッキリ取れてしまった場合はほとんどのケースでデータ復旧が出来ます。

 

専用基板を使ってデータを救出

 

専用の基板を使用して、データを救出いたします。

 

 

代替のUSBメモリーにデータを移動し、念のためDVD-Rにデータを保存してご返送いたします。

修理の期間は1~2日程度です。

 

USBフラッシュメモリー修理のご依頼はこちら

 

 

 

1 2 3