Wiiで使用しているUSBメモリーが、認識されなくなったという修理。

 

 

到着して、状況を確認すると、USB端子のVCC、+DATA、-DATAの抵抗値が無限大になっている。しかし、USB端子自体には不良は無い。

この症状だと、コントローラーICの破損か、回路の断線が疑われる。

 

 

コントローラーICは、BGAタイプだったので、フラックスをタップリ塗ってハンダのリフローをかける。

しかし、抵抗値はおかしいまま。

もちろん認識するわけもない。

 

 

こうなると、同じ基板にメモリーICを乗せ換えることになります。

メモリーICを専用の半田ごてで熱して基板から取り外します。端子と基板の保護のためハンダを流し込んでからの作業です。

 

Wii用USBメモリー修理

Wii用USBメモリー修理

 

 

メモリーを取り出したので、試しにPC-3000で解析を行いましたが、Wiiのファイルシステムではデータを復元することは出来ませんでした。

そもそもパソコンで読めるデータではないので、今回は素直に新しいドナー基板にメモリーICを乗せ換えてのご返却となります。

 

 

USBメモリー基板の交換

USBメモリー基板の交換

 

パソコンに接続すると、フォーマットしてくださいと表示されますが、Wiiでは問題無いはずです。

 

WiiのUSBメモリー修理完了

WiiのUSBメモリー修理完了

 

 

 

ドラクエデザインが結構かわいいのです。