WindowsのパソコンにUSBメモリーを接続すると、USBメモリーの赤いLEDランプが点灯して認識した音が「ピコン」と鳴るが、数秒後に画面の右下にメッセージが表示されます。

 

USBデバイスが認識されません

 

「USBデバイスが認識されません このコンピュータに最後に接続されたUSBデバイスが正しく機能していないため、Windowsによって認識されていません。」

 

 

きちんとUSBメモリーには通電していますが、認識出来ないようです。

パソコンのUSBの差し口を変えても同じでした。

 

 

USBメモリーの基板を確認すると、7mm×7mmの正方形のコントローラーICに、「AU6989SNHL-G-8」という型番が書かれています。

 

AU6998コントローラーIC

 

 

基板の後ろ側には、通常TSOP-48という48ピンの形状のフラッシュメモリーICが装着されているはずなのですが、今回のUSBメモリーは黒い樹脂でモールドされていて、フラッシュメモリーICが取り外せないタイプなのです。

 

 

モールドタイプフラッシュメモリ

 

基板から外せないフラッシュメモリ

 

こうなると、基板を交換したり、フラッシュメモリーICから直接の復旧装置を使ったデータ読取は出来ません。

このままの基板を直すしか無いのです。

 

 

故障ICがこのコントローラーICだと判断し、部品交換を行ってみたところ、無事認識されてマイコンピュータにアイコンが表示されました。

データの破損も無く、データは100%復旧することが出来ました。

 

 

 

色々なUSBメモリーがありますが、故障の際はまずはご相談ください。